90年代のオタクヒーローのこと

「EXテレビで小峯相手に週刊プレイボーイを引きちぎったあの勇姿。
最高に気持ち悪かったよ。

そして、今回の長野。
あれも完璧な気持ち悪さだったよ。
準備力不足、話の尻切れさ、「今に見てろよ、覚えてろよ、行動開始します」なんていう雰囲気の
吉本新喜劇の池乃めだかライクなワンシーンの終わり。
恐らくは、その結末がどんなに衝撃的であれ『おっしゃりますのことですのことよ』なんていう
あの強烈に変な人には破壊力のあるブツを差し出せないであろう。

あなたは自分が時間軸が人と違うと言う。
あなたは自分を『オタクである』と、新型オタクに対してではなく、
前人未到の絶対死なない自傷行為の先鋒者として90年代からそう体現していた」

今ほどネットが普及していなかった90年代は
今から思えばのんびりしていたなと思い出している私は少し前から、
デキるまで…いっぱいシよっ!! らするが好きすぎて周囲から白い目で見られているのだ。