「Gのレコンギスタ」について

新しく始まったアニメ「Gのレコンギスタ」を見ているが、なかなか面白い。

私はガンダムシリーズ、中でも富野由悠季が監督した作品はほとんど見ている。
今回の「Gのレコンギスタ」は期待を裏切らない仕上がりというか、ファンが要求に割と素直に応えている感じ。
別の言い方をすれば、意外性がないとも言えるが。
でも、あまり意外性を求めて「ターンエー」みたいな話にすると、かなりの割合の視聴者が脱落してしまうだろうからいろいろ難しいのだろう。
スポンサーの要求もあるだろうし、富野監督もあの歳でズルコケとか嫌だろうし。

あと「Gのレコンギスタ」を見ていると、どうも「ユニコーン」とかぶっているのでは?
という部分が目立つような気がする。
オリジナル作品の監督がスピンオフ作品の影響を受けるなんてあるのだろうか?
いや、そもそも富野監督は「ユニコーン」は自分の作品、くらいに思っているのだろうか?

ともかく、まだ富野監督の新作「ガンダム」が見られるということは驚くべきことだし、ガンオタにとっては幸せなことだと思う。

それから、「レコンギスタ」はOPの主題歌もいいと思う。
ここ1週間ほど、ずっと脳内でリピートされている。

そんな、すっかり痛いガンオタと化してしまった私は近頃、映画見放題のおすすめ配信比較のことが気になっている。